アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

「父親」の後継者たちーー『スターウォーズ/フォースの覚醒』

           ※ネタバレ注意

 

 スターウォーズとは何の物語かと問われたとき、間髪入れずにアナキン・スカイウォーカー=ダース・ベイダーの物語だと僕は答えてしまうだろう。6作にも及ぶサーガを「~の物語」とまとめてしまうのは、冒涜的ともいえる見方だし、とりわけ『エピソード4/新たなる希望』にこの考えを適用するのは「後付け」でさえあるのだが、それでも『SW』はダース・ベイダーという一人のジェダイの魂の遍歴だという思いは否みがたい。それほどまでにダース・ベイダーというキャラクターは強く焼き付いていたのだ。新たな三部作始動の報を聞いてからも、ファンとしての喜びの裏側に、ベイダー亡き後に『SW』が成立するのかという疑念が常に付きまとっていた。だから、いざ劇場の席について、上映が始まってからも、しばらくは今まで持っていたシリーズへの意識をちょっとずつ修正するという作業が必要だった。なぜなら、これは大いなる「父親」の物語ではないのだから。彼の後を継いだ者たちの物語なのだから。  

 

 そういう意識とは別に意識の修正をしなければならないこともあった。それはこの映画が完全に旧3部作のモードで作られているからだ。エピソード6の後の話なのだから当たり前といえば当たり前だが、なにしろ個人的にはどちらかといえば新3部作に思い入れがあることもあり、今の『SW』といえば新3部作的な、ライトセーバーのバトルが幾度となくあり、CGを駆使した迫力ある画面という印象があった。だからセットをきちんと使い、Xウイングやミレニアム・ファルコンの戦闘が多いといった、画面作りから話の展開まで旧3部作に沿ったものが出てきて、不覚にも驚いてしまった。パンフのインタビューを読んでみても、若干不自然なぐらい新3部作の話題が出ておらず、やはりかなり旧3部作寄りの内容ではあるようだ。そのため、旧3部作の内容はかなり前提となっているところがあり、『エピソード1/ファントム・メナス』ほど初見の人に優しいわけではない。  

 

 全体としてはよくも悪くも詰め込み過ぎかなと感じた。基本的にはエピソード4のオマージュとなっている造りで、砂漠の星(タトゥイーンではない)に住む主人公が銀河規模の戦闘に巻き込まれ、最終的には敵の拠点が破壊されるという展開となっている。ただ全体として並立する筋がやたらに多い。ヒロインのレイと家族を巡る物語から、フィンの葛藤とポーとの友情、ハン・ソロとカイロ・レンの親子関係、レンとダース・ベイダーの関係、ルークを巡る謎等々が乱立していて、しかもどれも同じぐらいの重みがある。エピソード4にしろ、エピソード1は、この映画と似たプロットを持ってはいたが、基本的にルークやアナキンの旅立ちがメインの話となっていた。しかし、この映画ではレイの物語だけを特権化することは少々難しい。レイの物語は、フォースに目覚め、ライトセーバーを手に取るといったジェダイの宿命に向き合うという比較的個人的な次元の話に終始しており、スター・キラー基地の破壊の功労者になるといった目に見える成長譚を想定しづらいからだ。これらのエピソードはある程度「家族」というテーマで括れるので、そうしてみると纏まりは出るのだが、フィンの話は明らかにその括りから洩れるので結局意味はあまりないかもしれない。そのため、映画が全体的にごたついている印象がないでもない。  

 

 今から考えるとエピソード4辺りは非常にすっきりした話である。何より本筋に関係ない脱線がほとんどない。こうしたある種の脱線というかストーリーを盛り込みまくる傾向は新3部作に強い。アナキンの旅立ちのために時間を割いてポットレースを一々やったり、サブキャラ同士のライトセーバー戦といった展開は、本筋を進める上ではもしかするとなくてもよいのかもしれないが、新3部作を特徴づけるワクワクするところだった。しかし、こうした盛り込みは新3部作が構造上エピソード4におけるダース・ベイダーに繋がるという定まったゴールをはじめから持っていたからこそ可能だった。つまり、究極的にストーリーがどう転ぶかがはっきりしているから、安心して脱線できたのだ。だから、この映画のように先の展開がまるで分らない作品で、軸が定まっていないと少々どこに腰を据えてみればいいのか不安になる。

 

 しかしそれでも、盛り込まれた要素自体はファンを「おっ」と言わせるものがある。ミレニアム・ファルコンの再登場には誰しも胸が躍る。随所に過去作のオマージュととれるシーンも用意されている。ソロとレンの対話シーンはルークとベイダーの場面を思わせるし、レンとレイのバトルもスカイウォーカー親子の戦闘と重なる。弟子であるレンを暗黒面に落としてしまい隠遁するルークの姿は、彼の最初の師オビ=ワン・ケノービを連想させずにはおかないし、最後の場面でのルークの姿がエピソード4でのオビ=ワンと酷似しているのも偶然ではないはずだ。  

 

 そしてやはり今までの『SW』のテーマをいくつかの点で裏返しているところがいい。たとえばソロとレンの関係は勿論ルークとベイダーを思わせるが、今回闇に落ちているのは息子の方で、親子関係が逆転している。レイにしても星から抜け出せない点はかつてのルークと同じだが、家業という家族のしがらみのため出ていけないルークに対して、レイは失った家族の絆を取り戻すそうとして出て行かないことになっている(こういう設定のためにレイの成長譚が想定しづらいのだが)。

 

 こうした裏返しにも明らかなように本作は今まで以上に「家族」というテーマが濃い。それもあってレンが敵キャラにしては若干ヘボく映らなくもない。今の世の中、プライベートエネミーの時代だと言い続けてきたが、遂にスターウォーズでさえも私的な敵を相手にするようになっている。今回の目玉となる戦闘にしても、スター・キラー基地での攻防よりも、レイvsレンのライトセーバー戦である。そしてその戦闘の主眼も単純な力比べというよりも、レイがフォースに向き合うかという問題に置かれており、非常に個人的なものである。大いなる父親の後を任されたキャラクターたちは戦闘一つとっても今までのように派手にもできず、色々と大変そうだ。  

 

 結局、大雑把な感想としてはやっぱり次を観ないとなんとも言えないね、という至極ありきたりなものになってしまった。特に、エピソード6の後でここまで銀河が乱れていると、アナキンがフォースにバランスをもたらすという予言が若干怪しく思えてくる。きちんと整合性を取ろうと思うと、やはりベイダーの存在が解決のキーポイントとなってくる可能性もそれなりにある。最初にベイダーの後継者たちの物語と言ったが、案外ダース・ベイダーの物語はまだ続いているのかもしれないようだ。