アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

夏アニメ1話 所感(随時更新)

 またこの時期がやってきた。大概はがっかりしつつも、いつも1話を観るのはワクワクする。そんな気持ちで今回もやってみる。

 

『ケイオスドラゴン』

 なんでこんなことになっているのか。頭を抱えつつ、『レッド』は面白いんだぜと擁護に回りたくなってしまう。とても困ったアニメである。細かいことは追々書くが、ぜひ頑張ってくれとせつに願う。

 

『アクエリオンロゴス』

 1期を2クール目の途中ぐらいで断念して、『EVOL』をほぼ観ていないので、なんとも微妙な立場なのだが、どんどんネタ方面を頑張っていっている気がする。もうちょい真面目な方に頑張ってもみんな怒らないと思うんだが……不動GENポジションのキャラは毎回必要なのか、今回は中田譲治氏が声をあてていて、毎回渋い声の人を探すのも大変そうだ。しかし、敵側と合体するという発想はなかったし。これはかなり名案な気がする。合体にちょっとした背徳感とかがあって新鮮だった。

 

『乱歩奇譚』

 人に感想とかを聞くと、褒める人と1話の段階では保留という慎重派に分かれるようだ。僕個人は1話の段階で明確にダメだと思っているのだが、ここは慎重派に同調しておこうかとも思う。あまり乱歩の雰囲気はなかったように思うのだが、それほど乱歩にこだわりを持つ人はいないのだろうか。あと、ノイタミナの系譜でこの作品を観るのは大事だが、そこからの影響をあまり斟酌するのは意味がないようにも思う。

 

『Classroom☆Crisis』

 これからどうやっていくのかまったく見えないこともあり、手放しに褒められないところはあるが、1話単体でいえば、とても面白かったように思う。勢いのもっていき方が気持ちよかった。ちゃんと起承転結と次回への引きもあるしね。特に、クラスメイトのキャラの描き分けなんかが個人的には好みだった。強いて難点をあげれば終盤でいきなり入ったナレーションぐらいか。科学考証とかの細部を突っ込むときりがないだろうが、大事なことはそこではないはず。このテンポをこそ評価したい。あと、「兄さん」と呼ぶ妹は最高だ。

 

『おくさまが生徒会長!』

 書き始めて、「おくさま〝は〟」ではなく「おくさま〝が〟」であることに気づいた。誰かが生徒会長でないことが重要なのだろうか。単にタイトルがかぶるのを避けただけかもしれないが。まぁそれはともあれ、言われていたように規制がひどくて何が起こっているのかわかりづらい。こういうのは匂わせること自体がアウトなのか、モロが映ることだけがアウトなのか僕にはわからないのだが、もし後者ならせめてストーリーがわかるように規制してほしいものだ。中身としては、思った以上に「おくさま」になる展開が急なのと、意外と主人公にためらいがないこと。

 

『Charlotte』

 思っていたよりずっと面白かった。僕は『Angel Beats!』をそれほどいいとは思っていないので、正直今回もそれほど期待していなかったのだが、『AB!』においてダメだったところの一部をきちんと直しているんじゃないか。やはりキャラを絞ったのは正解だった。1話である程度ストーリーも進み、テンポと掴みも悪くない。思い返してみると、そう大した話をしているわけではないのだが、観ていて面白いことは否定しがたい。ぜひ、このぐらいのノリを維持してほしい。あまり能力ものっぽいところを掘り下げるとアレなことになりそうだ。ともあれ、予想外の収穫である。

 

『WORKING!!!』

 これは『デュラララ』あたりにも思うのだが、1期の放送時期の関係でキャストが圧倒的に2010年である。今このキャストで固めることはそうないだろう。泣きそうだ。高津カリノは『鯖』共々、はずれがないので安心して観ることができる。『鯖』は後半、ルーシーたちが普通にくっつき始めて、初期のキャラクター間の拮抗関係が崩れてしまったのが少し残念だったのだが、こちらは年齢設定が低めということもあり、人間関係が劇的に動くことはあまりないので嬉しい。ちょっとキャラデが変わった気がしたが、気のせいだったみたいだ。

 

『ドラゴンボール超』

 悟空がニート予備軍なのは原作でもそうだからまぁいい。今回はわりと働いているが。問題なのは悟飯がヒモになっていることだ。奥さんにお金出してもらって学術書を買ってるってどういうことだ、理想の学者生活かよ。ビーデルさんが普通に理想的なキャラになっていてビビる。そしてサブタイトルは微妙に詐欺である。そんなに賞金の話はなかった。予告通り『神と神』を再構成するみたいだが、どうアレンジしていくのか気になるところ。

 

『赤髪の白雪姫』

 やたらに展開が速いなと思ったが、1話のまとめ方を見るとそれなりに意味のある速さだった。実は王子でしたという展開には恥ずかしながら完全に騙された。こういう時、自分もまだまだだなと思い知らされるのだが、白雪が先に嘘をついているのがミスリードになっているというのはわりと巧いんじゃないだろうか。典型的な1話である程度の方針を示すタイプで、同じ花とゆめでも『ヨナ』あたりとは全く違ったアプローチである。

 

『実は私は』

 キャスティングが面白かったので気にしてたのだが、やはりキャストの演技が光る作品のように思う。あのヒロインに芹澤優をあてたのはなかなかすごい。上田麗奈はやはり上手い(が今回は花澤香菜みたいでもある)のと、毎度水瀬いのりの声幅には驚かされる。あと、羽多野渉は『黒子のバスケ』とキャラがかぶってるぞ。OP、EDが不評みたいだが、まぁお世辞にも合ってるとは言えない。が、ヒルクライムを久しぶりにみて、若干感動した。

 

『ミリオンドール』

 ここまでのCGならある意味『楽園追放』クラスの革新性ではある。移り気の兄ちゃんを引きこもり気味の女の子が懲らしめる展開になるかと思いきや、二人それぞれの物語として展開したので、けっこう驚いた。この視点人物の設定はわりと好きだった。

 

『それが声優!』

 作品の面白さが、「業界の内側見せます」という要素に寄り過ぎていて、大塚明夫の『声優魂』を読んでいたときのような感覚になり(あれはゴシップではなく人生論、ある種の演技論だが少し違うが)、フィクションとは何なのかという気持ちにならないでもないが、OP、EDなどちょっと変わったこともしているのは注目ポイント。ただ、登場キャラの「野沢雅子」は、言動の説得力が実在の本人ゆえに発生するものでしかないのはあまり良くないような気もする。とはいえ、こういうゴシップ的なものが知的欲求を刺激するのも事実で、そういう面では興味深いアニメではある。

 

『洲崎西 THE ANIMATION』

 たまにラジオは聴いていたのだが、だから特にどう、ということもない内容だった。5分とはいえ、流石にひねりが無さ過ぎる気がする。僕がラジオネタを理解していないのは大きいだろうが。やっぱ声優ラジオ事態にフィクションを見出すのは僕には難しい。

 

『がっこうぐらし!』

 ゾンビものだということは知っていたので、窓割れてるなぁと思いながら観つつ、どうオチにもっていくかの理屈づけに注目していた。基本、『葉桜』のようなタイプの作品なので、それでもまあ楽しめる。視点トリックによる「萌え展開」返しっぽいところは面白いが、精神系のオチが個人的に苦手なので何とも言えないところ。Aパートとかの日常パート(と見えたもの)はちょっと観てるのがしんどかったので、そこはもうちょい頑張ってほしかった。反転ものは、決してオチだけが重要なわけではない。

 

『だんちがい』

 わりと今期の大穴な気がしている。よくわからないが好きである。たぶん二番目の妹のキャラが好きなんだと思う。小気味よいテンポで短い時間をしっかり楽しめる。今期は短時間のアニメが多いが、そのなかでもかなり良い方ではなかろうか。

 

『GOD EATER』

 決して褒められたことではないが、この作画ならちょっと遅れるのも仕方ないかなと思わないでもない。あの独特のキャラデは好き。作画の迫力が、かなりシンプルめな展開を強引に補っている。個人的にはこれは成功していると思う。序盤なのだしこういうテンプレも悪くない。原作ゲームはやっていないが、やってないなりに楽しめる作品である。カッコよく見せたいところ、ヒロインを可愛く、ないしエロく見せたいところが、わりと僕個人の趣味とあっていて、好きなタイプのufo演出である。