アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

『selector spread WIXOSS』1話

 1クールの空白とはなんだったのかというほど自然に始まる2クール目1話。1クール目の一週間後ぐらいに放送されたような錯覚を起こしますね。分割2クールも随分と増えてきて、繋ぎみたいなものが上手くなってきたのかもしれませんね。それがいいのか悪いのかはわかりませんが。

 

 このシーケンシャルな印象に拍車をかけているのが、ユヅキ(ルリグになっちゃった方)が特に葛藤なく生活に馴染んでるところです。カードの中にいても結構友達付き合いやってけるんだなと。あれ、これもしかしてユヅキを副現実的なデバイスだと思えば、普通にやってけんじゃね?拡張現実が発達した未来を先取りする感じで。ハッ、もしかして無限少女というのは人類の進化を促すためのものだったのでは……と荒木飛呂彦みたいなことも考えましたが、まあ冗談はさておき。1期のわりとややこしめの問題はとりあえず先送りにしているみたいです。明遊月(花代さんの方)も今回は出てきませんでしたし。話としては、ちよりとエルドラを出すことがメインだったのでしょう。1期では思わせぶりに出てきて、後半完全に無視でしたからね。わりと1期のラストを急展開で終わらせたぶんの調整に回ったといったところでしょうか。

 

 目立ってるのは……まあイオナなんだろうなぁ。破綻したメンタルの持ち主として描かれている彼女ですが、まあそのあたりは1期と変わらず。「やべえサイコだ」という意見をよく見かけますが、これぐらいでサイコって言うのはどうなんだろうなぁと思わないでもないですが、普通でないのは確かですし。ただイオナとしては似た雰囲気を感じ取ってるう子に近づいているわけですから、るう子も相当ヤバいと見るべきです。るう子はかわいい顔してますが、基本的にメンタルは孫悟空です。ただあのサイヤ人はバトル以外に付与された要素がなかったのでそれでもよかったのですが、るう子は「友達」という割と方向性がソリッドなものを持っているのに、そのメンタリティでいいのかという疑問はものすげぇありますね。そのあたりが伏線なのかもしれませんが。だから一般人スピリットを忘れない一衣やユヅキのほうがるう子について行けないみたいな話をこれからしてくれたらいいなぁ、マリーさん。行動方針が「オラわくわくすっぞ」なバトル狂なわけですから、イオナの願いが果たされるのも近いんじゃないかなと思います。

 

 イッちゃってるキャラといえば、わりとちよりもイカれたキャラと言われてるみたいですが、僕はあまりそうは思いません。2クール目でのこのキャラの描かれ方を見て、『ヱヴァンゲリヲン』の真希波・マリ・イラストリアスを思い出しました。両者の共通点は「葛藤の欠如」です。『エヴァ』であれば、碇シンジに代表されるように、今までのキャラは皆エヴァに乗ることに悩み、葛藤してきました。しかし唯一マリだけは葛藤しないんですね。あくまで自然体でエヴァに乗る。「ウジウジしてたってなにもいいことないよ」というあの台詞は、ヱヴァを根本から覆してた気がします。初めて観たときは随分新鮮だったものです。それと似たようなことがちゆりにも言えて、彼女もまたセレクターバトルの真実を知っても戸惑わないんですね。1クール目は一貫して真実を突きつけられた時のキャラクターの葛藤を描いてきて、唯一それを逆に利用しようとした伊緒奈がボスキャラでした。その原則をこのキャラは「ノベライズに書いてある通りですー」(衝撃の真実)だけで済ませてしまうのです。これからちゆりのこのキャラ性がどう描かれるのかはわかりませんが、上手く膨らませていけば、よりこの作品が深みを増すんじゃないかな、と思います。それこそ『まどか☆マギカ』はついにこういうキャラを出さなかったですよね。

 

 2クール目に入ってタイトルがマイナーチェンジしてますね。「infected」が「spread」に。セレクターバトルがある種の伝染病であるとすると、1クール目が広がっていく過程。そして2クール目が広がりきった後なのだとすれば、どういう展開になるのか。間違いなくバトルの色合いが変わってくるでしょう。それに1クール目と違い、ゲームシステムの根幹そのものについての説明に時間を割かないといけないとなると、前ほどのんびりウィクロスやってられるのか。よくて前半ぐらいだと思いますが、まあまだ1クール目のキャラも全然出てきてないし。みんな大好きアキラッキーさんもまだだしね!(タッパー独り歩きしすぎだろ)これからどう話を運ぶのか見守りたいと思います。