アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

『アルドノア・ゼロ』最終話

 気付けばもう最終回ですね。はやいものです。賛否両論だった(気がする)『A/Z』ですが、さてさてどうなったのやら。

 

 今までもストーリーの展開に関して、過去のロボットものが例に色々上がってました。ただ僕は今まではあんまり過去作と類似しているとは思ってませんでした。まあそう言われればそうな気がする気もするぐらいで。ただ最終話を観た時、僕は思いました。

「あれ? これ『コードギアス』じゃね?」

別に展開とかが格別似ているわけではないでしょう。キャラの描き方も違うでしょうし。ただ最終話に至って描写を伊奈帆とスレインに絞っていく感じと、急転直下の展開で最後二人を向い合せ、なおかつ生死不明にしてるあたりが、『コードギアス』1期を彷彿とさせるものだった気がします。有体に言うと、伊奈帆とスレインがルルーシュとスザクに見えたんですね。あとザーツバルム卿の機体、ガウェインに似てませんか。

 

 『アルドノア・ゼロ』は主人公が量産機に乗って、頭脳戦を繰り広げるという、あまりロボットものでやられていない(であろう)手法が売りでした。さっきの『ギアス』も頭脳戦タイプの作品ですが、あちらは主にルルーシュによる「戦略戦」であり、『アルドノア』は「戦術戦」なので、そこは分けて考えられます。後半戦艦デューカリオンが登場しても、基本的には戦闘は伊奈帆たちの機体が中心でした。ある意味ちょっとしたすき間産業的なところがこの作品にあったのですが、最終回でこういう展開になると、どうしても『ギアス』と比べてしまう部分が出てきます。さらにまずいことに……ストーリー展開とかは、やっぱり『ギアス』の方が上手いんですよね。

 

 『コードギアス』は1期の段階である程度話が完結してます(僕はあれで終わってもいいと思ってます。R2も好きですけどね)。一方『A/Z』はこれだけでは明らかに完結していません。感想をみてると、「衝撃展開」というのが総意のようです。確かに衝撃、ではあるのですが、私見としては衝撃展開にすること自体はよくあるのです。それをどこに着地させるか、が重要なのです。去年の今頃は『革命機ヴァルヴレイヴ』なんて作品がありましたが、あれも結局は着地に失敗した作品でした。ですから、『アルドノア』に関しても今はまだなんとも言えないなぁというのが個人的な感想です。

 

 できれば1期だけである程度メッセージ性もストーリーも形をなすようにしてくれていればよかったけれど、とは思います。そのあたりが『ギアス』が優れていた点なんだと思います。ただまあ1期と2期に分けたアニメと分割2クールのアニメは勝手が違うでしょうが。

 

 あと最終回まで観て、思うのはインタビューとかでも言っていた通り、ロボットものの王道みたいなのもきちんと描くスタイルだった見たいです。ロケットパンチとかね最終回もまさかの合体だったし。あのスタイリッシュなビジュアルでああいうことをするのは面白いですね。ラスボスが今までの敵の技全部使えるのとか少年漫画っぽいですね。

 

 一方少し気になったのはちょっと人間関係とか思惑とかの描写が雑だったかなぁという点です。例えばレイレガリア皇帝のの地球に対する対応とかは1話であそこまで二転三転させるのはちょっと無理があった気がします。他にも鞠戸大尉と艦長の関係も、鞠戸大尉自身が過去と向き合うシーンはあるのですが、二人が互いにどう思っているのかあんまり描かれてませんでした。たぶん鞠戸大尉の見せ場は2期でしょうから(今より見せ場なかったら流石にかわいそうだ)、そこに期待ですね。

 

 それと最初から言われてた伊奈帆の異常なまでに動じない性格はなにかの伏線なんじゃないかというのは、1期だけ観るとどうも伏線じゃないみたいですね。まだわかりませんが。もしかしたら、伊奈帆からアセイラム姫への好意を見えにくくするぐらいの意味しかなかったのかもしれません。ただ伊奈帆がアセイラムのことが好きっぽいみたいな描写が後半にかけて増えてましたが、これは結構唐突な印象がありましたね。2期でもうちょっと丁寧に描いてくれるといいなぁ。

 

 最終回のEDは風の音だけでクレジットを流すという印象的なものでした。恐らくこれは『喰霊 零』(ゼロアニメに定評のあるあおきえい)1話ラストの炎が爆ぜる音だけでEDクレジット流すという演出のセルフパロというか再利用でしょうね。あおき監督やってくれたな、と一人感動。2クール目も予想もつかないことをやってくれればな、と思ってます。

 

補足

『VVV』は1期中盤の問題シーン、ハルト君とサキちゃんがごにょごにょのところで、EDに『僕じゃない』使うぐらいのセンスがあれば、クソアニメ方面で楽しめて今ほど批判されなかった気もします。

 

 

 

個人的印象だけで作品語りすぎな気もするけど……

でもそう見えちゃったんだから仕方ないんじゃない?