アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』

 『るろうに剣心』実写映画最終作となる(たぶん)本作。前作『京都大火編』との前後編の後編にあたります。漫画の実写化としては異例のヒットでしょうし、観る側の盛り上がりも最高潮といったところでしょうか。

 

 観てみた感想を言えとなると、これが非常に難しい。なぜ難しいのかは後で説明するとして、全体としての思いは正直期待外れでした。というか、『京都大火編』を観た時に「なーんかきな臭いな」と思ったところが全て前面に出ていた印象です。

 

 第一の問題はやっぱり福山雅治さんの起用でしょう。もともと『るろ剣』の映画は大河ドラマ『龍馬伝』の面々が再集結すると謳っていました。僕自身『龍馬伝』は楽しく観てたので、人斬り繋がりで岡田以蔵→緋村剣心ってのは安易だなとは思いながら、まあそれもいいかと思ってました。ただ『龍馬伝』の主演であるところの福山さんを出すのは明らかにやりすぎです。これではただの『龍馬伝』です。「比古清十郎を演るのは福山さんしかいない」とインタビューとかで見ましたが、本当かな?と首をひねってました。もしかしてスタッフは『るろ剣』の名を借りて『龍馬伝』やりたいだけなんじゃないか、原作リスペクトなんてあんまりないんじゃないかとそんな気がしてきました。『伝説の最期編』の冒頭から後半にかけて、「やっぱりそうだったかー」という気分になりました。以下シーン別の感想。

 

○剣心VS比古清十郎

 比古師匠はもう福山雅治さんにしか見えなかったです。もう少し原作に似せた演技してくれてもいいのに。しかもなんで木刀なのか。「剣術は殺人術~」っていうなら真剣持ってくれよ……肝心の奥義習得のくだりも、剣心と薫の話描いてなさ過ぎて、なんで剣心が急に「死ねない!」になるのか意味不明です。さっきまで「命を捨てても」って言ってたのに。冒頭の剣心幼少期もどうせなら剣心を守ってくれたお姉さんたちのエピソードも入れればよかったのに……

 

○剣心VS蒼紫

 これはまあ劇場一作目からの辻褄合わせの影響なんですが、蒼紫は見ず知らずの剣心を襲ってるっていう辛い設定になってましたが、わりと裏目に出ましたね。やっぱり闘いの背景が薄くなるというか。戦闘後も蒼紫の心情としては原作の『御庭番編』(和月先生の言では『恵編』)の心情どまりなわけですし。バトルは確かに迫力あるのですが、もともと『るろ剣』映画版は怒涛のバトルを途切れずに畳みかけるタイプの映画なので、こう何回も観せられると若干飽きてきますね。前後編連続公開の弱みです。

 

 この場面で一番よくわからなかったのは操と翁です。操に関してはたぶん原作の、蒼紫好き→蒼紫は敵→蒼紫やっぱ好きって心情を描写したかったんでしょうが、如何せん操の描写なんてそんなにしてこなかったので、変化が急すぎますよね。あとやっぱ京都弁にしたの失敗だと思います。翁に関してはなんで死んだのかまったくわかりませんね。翁が蒼紫と対峙するところ、最初から剣心にしない理由がまったく思いつきません。どういう意図があったのやら。

 

○明治政府VS志々雄一派

 いやね、明治政府の黒い部分見せたいってのはわかるんですが……そんな描写今までした来なかったでしょうが。いきなり伊藤博文を出して策略を張り巡らせているようにしてますが……志々雄一派も交渉の最中に人刺すのとかヤバすぎですね。『北斗の拳』かよ。なにより気になるのが志々雄の政府への要求、「明治政府のかつての悪行を白日の下に晒す」。あれ?志々雄ってこんな小さいキャラだったっけ。明治政府のやり方も修羅と認めたうえで、それを力で捻り潰すってのが志々雄のスタンスだと思ってたんだけど……全体的に劇場版の志々雄はやることが小さいですね。なんでじゃ。

 

○剣心VS明治政府

 「命が惜しくば剣心を殺せ」。ちょっと『武装錬金』の「武藤カズキを再殺せよ」に似てる気もします。斎藤が激怒、「政府の高官は武士の心を忘れたか」。前から思ってましたが、いつから『るろ剣』は武士道とか侍とかが持ち上げられるようになったんだろう。生きようとする力とかを主張する漫画だったはずなんだが。散々剣心捕まえるのにあくせくしといて、「処刑は実は茶番でした。今だ突っ込め―!!」でいいんだったらなぜあんなに必死だったのか。というか志々雄側も対策打てよ。まあ剣心のファッションと恵を出す効果はありましたが。劇場版は恵の扱いが悪いですね。まあもともと京都編にそこまで出番はないですが、最大の見せ場であるところの薫を京都に行かせるところが『京都大火編』であの扱いだったのだから仕方ないですが。

 

○剣心&明治政府VS志々雄一派

 え、宇水弱い……まさか斎藤に一撃でやられるとは。誰が予想しただろうか。左之助の扱いってどうなんだろって思いましたが、一応安慈とバトルしましたね。しかしまさかのギャグテイスト。なぜだ?方治のキャラもそうですが、『るろ剣』でも随一のかっこよさを誇るこの辺りを茶化したことをスタッフは重く捉えてほしいですね。左之助は結局ギャグ的な描かれ方しかできなかったんでしょうか。あと安慈によるいきなりの十本刀のバックボーン解説。こういう台詞で背景を理解させるのは映画じゃやっちゃダメだと思うんだが……

 

 そして剣心VS宗次郎戦。かなり唐突な始まりですね。ノンストップでバトってて出会ったからバトるみたいな。始まりから終わりまであっという間。割と重要なバトルのはずなのに、なんの感慨もなく終わっちゃいましたね。宗次郎がなんでイラついてるのかまったくわかんないです。最後の剣心の「一度や二度の~」に対しても叫ぶだけで、彼にこれから救済があるのかないのかさっぱり。あと縮地は伝わりにくいと思いますね。神木くんハマリ役だったのに残念。

 

 

○剣心VS志々雄

 さて、今までほっとんど批判しかしてこなかったのですが、次は褒めます。正直この映画でよかったのはここだけです。しかしここだけは本当に神がかってます。藤原竜也すげえ。今までのすべての戦闘を遥かに上回る圧巻の迫力&スケール。

 

 バトルものの展開には大きく二通りあると思います。一つは緩急つけてバトルを展開するもの。もう一つは怒涛の展開をノンストップで続けて最後まで突っ走るもの。セオリーとして王道なのは一つ目だと思いますが、さっきも言いましたが『るろ剣』は後者です。この場合最後の闘いはよっぽど派手なものにしないと今までの戦闘と区別がつかず最後に盛り上がらないということになるのですが、その点この映画は他のどの戦闘シーンをも超越すつバトルを最後に用意していました。

 

 志々雄真実はどこまでも志々雄真実で、無敵の男でした。今は観てからしばらく経ってからこの記事を書いてますが、観てるときはこのバトルシーンだけで今までの悪いところをチャラにして五分五分にまで持っていった感すらありました。

 

 バトルは剣心VS志々雄の一対一から始まり、最終的に剣心&斎藤&左之助&蒼紫VS志々雄の四対一になります。みんなで寄ってたかって志々雄一人に斬りかかるのはどうなの?と思わないでもないですが、それすら全てはじき返す志々雄の他を寄せ付けぬ絶対の強さ。「もっと楽しませろ!!」、この僕もとんだ勘違いをしていました。志々雄一人いればこの映画は成り立つのです。やはり強いキャラ一人で画面が変わってくるあたり、『るろ剣』もやっぱり少年漫画なんだなぁと当たり前のことにしみじみ。このバトルを観るだけでも価値はあると思います。

 

 ただ志々雄の死に際の台詞「時代がお前を選んだだけだ」。違うよ志々雄さんそれ生きてる時に言っちゃダメだよ、ただの負け惜しみになっちゃうよ!……言わせたかったんでしょうが、場所を選んであげないと。

 

○ラスト

 「侍たちに敬礼!」。え、なにこれ。だから急に侍とかいう概念持ち出さないで。この台詞で伊藤博文の腹黒さや内に秘めた熱い思いとか表したいんだろうけど、頼むからその前からもうちょっと伏線とか張ってくれよ。

 

 最後はやっぱり日常で締める様子。微妙に剣心と薫の関係を匂わせて終わってますが、『伝説の最期編』で薫の役割ってホントなにもなかったから、あんま感情移入できませんねぇ。ともあれ一件落着。

 

総括

 最初にも言ったように、全体的には不満たらたらです。最終的にスタッフが『るろ剣』でやりたいことやっただけだなぁとそんな感じです。キャラ描写とかほっとんどしてなかったんだから、そっち頑張らなくてもいいのに。ただ志々雄の戦闘シーンが良すぎたのでなんとも宙ぶらりんな心境です。ここでスパッと終わってくれれば安心なのですが。ともあれ、失敗するのがほとんどの実写化お疲れ様でした。

 

 

 

原作ファンがぶつぶつ言うのってどうなんだろうね?

でもほら原作あっての映画なわけだし、やっぱさ。