アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』



監督:マイケル・ベイ

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

発売日:2012/02/17

 世の中が『ロスト・エイジ』で盛り上がる中、今更『ダークサイド・ムーン』を観ました。『リベンジ』観たのいつだっただろうか……?

 

・ストーリー

 ハリウッド映画で三部作のものは大体一作目が一番内容が面白くて、二作目は微妙で、三作目はスケールが大きい、というのが定番だと思うのですが、『トランスフォーマー』もその例にもれなかった気がします。内容的には一作目のほうがいいかなという感じで、迫力は今回が一番でしたね。

 

 初っ端からアポロ計画の裏側が語られます。なんだか80年代の日本の伝奇小説みたいですね。『ヴァンパイヤー戦争』かよ、みたいな。笠井潔先生のいう〝偽史〟の発想(違うかな)なのかなと思います。こういうと時代遅れみたいですが、米ソ冷戦を日本から描くのと、当事者が描くのではまた違うのでしょう。

 

 人間側から見ると、主人公サムが社会人になろうとしてますね。一作目が高校生、二作目が大学生ときて、今度は社会人編です(W.A.2みてえだ)。前半サムの冴えない感じを出して、後半一気にヒーロー化するのは最早定番の流れ。サムの成長は『トランスフォーマー』の一つの側面です。以前サム役のシャイア・ラブーフのインタビューを読んだのですが、そこで彼は「『リベンジ』ではサムの成長がなかったが、今回は成長があった」みたいなことを言ってました。まあ二作目は焼き直しみたいなところあったのでそうなのかなぁと思いつつ、二作目なんてそんなものだよと思った記憶があります。しかし『ダークサイドムーン』でサムが成長してるのかというと、それは微妙だなあと思います。確かに冴えない→ヒーローという流れはあるのですが、最後が尻切れトンボで終わってるので、成長の結果みたいなのがわからないんですよね。まあメインはオートボットなわけで、といえばそれまでなんですが、うーん。

 

 さてトランスフォーマーとバトルについて。『ダークサイドムーン』は大量のトランスフォーマーが出てきますが、その描き分けというかメカ造形に驚きました。あんなに出てきてちゃんと見分けがつくんですよね。オートボット側とディセプティコン側はメカ造形のパターンを変えていてすぐに見分けがつくし、センチネル・プライムもメカなのにちゃんと老人っぽい感じになっていて、流石だと思います。

 

 またトランスフォーマーが多い分、オートボットは自分たちの戦いに忙しく、人間を助けている暇がないです。そのため本作では人間がバトルで大活躍です。誰も助けてくれないので、自分で戦うしかないんですね。特に特殊部隊のダイブシーンとかは迫力ありますね。聞いたところによるとあそこはCGじゃないそうで。『ダークサイドムーン』ではトランスフォーマーが容赦なく人間を虐殺していたり、人間側もサムを含めフィーチャーされてますね。

 

・キャラ

 さっきサムの成長の話をしましたが、やはりキャラ方面についてはミーガン・フォックスの降板によるヒロイン交代はでかいなと思いました。二作目までのヒロインミカエラに馴染んできたこちらとしては、感情移入がしにくいですし、ヒロインの説明にも時間がかかります。二作目まで描いたことも無駄になっちゃいますし、サムのヒロインへの思いも重く感じられなくて……制作側も苦心したんでしょうけれど。

 

 で変えたわりにはカーリーの序盤の描かれ方はセクシーな感じでミカエラと変わんないんですよね。その後もサムを引き止めたいのか、一緒に戦いたいのかはっきりせず、終始サムとカーリーの関係がわからずじまいでした。諸々の事情もあるんでしょうが、『ダークサイドムーン』に関してはヒロイン描写には失敗してると思いますね。

 

 面白かったのが、敵キャラのディラン・グールドです。ただの嫌味な敵キャラかなと思ったら、親の代からディセプティコンに協力させられているというなんだか不幸なキャラ。「従わざるを得ない、なら徹底してやる」という敵キャラは新鮮でした。敵側の言い分というか、そりゃ仕方ないわなと思わせるなにかがありますね。ただその分、最後ただの咬ませっぽくしちゃったのは残念。

 

・全体

 最初にも言ったように、典型的な三作目かなと思います。ストーリーは冷静に観るとかなり整合性が怪しいのですが、そんなこと気にせず気軽に楽しめる映画です。3Dで観るとまたすごいんでしょうね。

 

 ふと思うのは、やたらSNSの話題とかが増えてた気がします。時事ネタというのもあるかもですが、二作目まであった「スクールライフ」的雰囲気が今回まったくないため、それを補うべく突っ込んだのかもしれませんね。あのノリはミーガン・フォックスとともに去って行ったのでしょうか。

 

 現在『ロストエイジ』が公開中ですね。CM観た時「今度の主人公マーク・ウォールバークみたいな顔してるな」と思ったら、本当にマーク・ウォールバークでした。びっくり。今度はどんな内容なんでしょうね。恐竜っぽいのいたけど。『ビーストウォーズ』のネタとかっていずれやったりするのかな。