アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

夏アニメ1話 総括

あれだけ書いたのに、まだまとめっぽいのをやります。どうぞお付き合いください。

 というわけで、観ようと思ってた二十数作の1話観終わったわけですが、ここらで全体的なまとめをば。と言っても所詮1話なので、この段階でしかものは言えませんが、そこはご了承ください。

 

・全体

 やはり感じるのは1話を軽視し過ぎです。一発目なんだから気合入れてくれないと。「アニメはとりあえず3話まで観る」のはアニメファンの優しさですが、最近はそうも言ってられないほど本数も多い。なら1話雑に作るのはどう考えても損でしょう。「3話まで観てくれればいいし、無理だった人を強いて取り込もうとは思わない」って考えもありっちゃありですが、だからって1話頑張らない理由にはならないでしょう。今では『まどか☆マギカ』の3話が有名で、3話ひと塊の代名詞みたいになってますが、あれでも1話2話を手を抜いて作ってたわけじゃないと思います。所謂神アニメと呼ばれているものは大体1話から面白いです(例外もけっこうある気もするのが締まりませんが……)冒頭から「おおっ!!」となる、そんな攻めているアニメを切望してやまないですね。

 

・キャスト

 去年は新人声優が大量に出るアニメが多くて、キャストほとんど知らねえぞみたいな作品が多かったんですが、今期はその中でもコンスタントに出演を続ける注目の若手が頑張っている印象です。具体的には花江夏樹さん、雨宮天さん、大西沙織さん、水瀬いのりさんでしょうか。花江さん、雨宮さんは『東京喰種』『アルドノア・ゼロ』でダブルで主演ですよね。2011年の梶・茅野無双(勝手に命名)を彷彿とさせます。花江さんは『TARI TARI』の印象が強いですが、出世されたものです。雨宮さんは全クールの人気に火がつき始めた頃を微妙に逃した感があるんですが、特に『東京喰種』がカッコいいです。この人はクール声の時の花澤香菜さんの後釜となるんじゃないでしょうか。大西沙織さんは1月から放送の『冴えない彼女の作り方』で澤村・スペンサー・英梨々役をされるのを聞いていて(最初に観たのは『空の境界』でしたが)、新人さんかなあと思ってたら『白銀の意思 アルジェヴォルン』でヒロインをされています。ツンデレっぽい正統派役ができる方なんじゃないかと期待してます。水瀬さんを見ていて思うのは、もう『世紀末オカルト学院』から4年も経つんですね。感無量です。

 あとは最前線の声優さんの底力をみたと思います。印象的だったのは『東京喰種』『P4G』の花澤香菜さん、『アオハライド』の梶裕貴さん、『アルドノア・ゼロ』の大原さやかさんでしょうか。最近この人の声ばっかだなと思っても油断したころに凄まじいのを入れてくるから人気なんですよね。

 去年の春は「逢坂と早見と東山だな」と言ってた気がします。その三人もばっちり今期活躍しながら、他の方がどんどん出てきていてこれから期待が持てますね。

 

・演出

 1話でいえばダントツ『東京喰種』です。あのアバンは最近でも類をみない出来じゃないでしょうか。あとは『残響のテロル』の夏の雰囲気の見せ方もわりと王道ながらいいと思いますし、あとは『アオハライド』の絶妙の世界観提示ですね。既に観ている2話以降ならまた変わるんですが、1話ですとそれぐらい。なお演出と内容は一致しないので、ここで挙げてないからといって面白くないわけじゃ全然ないです。

 

・1話 ベスト5

 ・『東京喰種』

 ・『残響のテロル』

 ・『スペース☆ダンディ シーズン2』

 ・『プリパラ』

 ・『アオハライド』

 特別枠『東京ESP』

 でしょうか。5つに特に順位づけはないです。特別枠は内容以外で感動したからですね。

というわけで2話以降にまた期待です。