アーカイブ

カテゴリ

アニメ

漫画

映画

小説

その他

 

夏アニメ1話まとめ その3

 続いてその3。思ってたよりだいぶ手間がかかりました……

あくまでさわりだけのつもりだったのにね。

『アオハライド』

 原作の1話は本屋で立ち読みしたことがあったのを観ていて思い出しました。完成度の高い1話だったと思います。起点となる過去、ヒロイン主人公のキャラの説明、物語の動力となるトラウマ、問題点(過去の人間関係、現在の友人のありよう)をバランスよく表せていて、1話で世界観を飲み込めますよね。友人が少女漫画特有のモノローグの多さを処理しきれていないと言っていたのですが、僕はあえてそのリスクを冒して視点を固定することでまとまった1話が可能になっていると思います。

 トーンとしては『君に届け』を思い出すパステル調かな。あんまりアニメ化しないリアル志向の作品でしょうか。梶君がかっこいいですね、滅茶苦茶。あと不良っぽい井上麻里奈がいいのは『AURA』で確認済みなので楽しみです。あとEDなんですが、あれで展開がかなり読めるのはどうなんでしょうね。

 

『ハナヤマタ』

 思ってたのとまったく違う方向で、しかも何倍も面白い1話でした。所謂「空気系」かと思いましたが、とりあえずこの作品にはきちんと軸がありますね 空気系はストーリー性を極力排除した作品なわけですが、『ハナヤマタ』の場合「輝きたい」や「自己実現」といった要素が物語全体を貫き、ストーリーを進めているので、この括りに収まらないでしょう。

 ともあれあんなきららアニメっぽくないなと思いました、特に最近きららアニメは方法論というか、アニメ制作法を確立しちゃってどれも似たようなのになっちゃってるので余計驚きました。ていうか作画もすごく綺麗ですが、MADHOUSEホントになんでもやりますね。

 

『Re:_ハマトラ』

 『ハマトラ』も一期と変わらない方向性でとても嬉しい。感想を見てると一期よりずっと面白くなったという意見が多いみたいですが、一期もこんな感じだったと思うんですけどねえ。1話をすごく褒めてる人は3話ぐらいで観なくなりそうで不安です。『ハマトラ』は内容的に「ミスっちゃった『サイコパス』」という印象が僕のなかであって、あまり内容の整合性とか気にしちゃうと楽しめない上に、この作品に魅力を取りこぼす気がします。そっち方面の作品じゃないことは葬式バットの辺りでわかるんじゃないかな。倫理観グッチャグチャで30分楽しめるエンタメ作であることが『ハマトラ』の魅力なんですから。一期もわけわかんなさだけはぶれなかったと思ってます。

 1話は謎の掛け合い(「首痛いの?」とか「ヒカル君抱けるなら~」とか)が健在で、時事ネタに突っ込む不謹慎ギャグも冴えていたと思います。ナイスがなんで死んだふりしてたのかいまいちわかんなかったですが、やっぱり楽しみなアニメです。

 

『モモキュンソード』

 クソアニメとしては安定した出来ですね。アバンとかはいい意味でひどいです。なんだかんだで鬼とかわりとシリアスな感じだしてるのもアンバランスで、とにかく別にポロリだけのアニメというわけじゃないんだなと。毎クールここまでアニメの本数が多くなければ輝くアニメです、きっと。

 

『まじもじるもも』

 タイトルを間違えて覚えそうなアニメです。この手のハイテンションエロ(?)コメは滅びないですね。いつも一作品ぐらいはある。内容はまあ普通だったかな。EDが微妙にフェチっぽいのが気になりますね。毎度思うのは三森すずこさんは器用ですね。幅広い役をやってらっしゃる、まさにオールラウンダーです。

 

『Fate/kaleid linerプリズマ☆イリヤ 2wei!』

 今期唯一の原作組です。原作の第一話に相当する部分を一話でやった感じですね。クロの登場シーンで終わらせようという計画なのはいいのですが、当然漫画一話分よりアニメ一話分のほうが分量があるわけです。その分を埋めるオリジナルパートがいまいちだったかな。原作のギャグのスピード感が失われてしまっている気がします。まあでも一期の出来はよかったわけで期待作であることに変わりはありません。

 

『残響のテロル』

 Aパートがなぜか懐かしい感じがしました。やはりこういう夏休み前の夏の情景から始まるアニメに弱いです。蝉の声とかね。完全に雰囲気が好みでした。なんとなく『エヴァ』とか『時をかける少女』あたりに似てる気がします。キャラデザは中澤一登さんですね。ちょっと一瞬貞本義行っぽいなと思いましたがたぶん気のせいです。タイトル通りのテロルにいじめ描写、二人の過去の匂わせ方など、暗いトーンのなかに詩的で綺麗な空間があるアニメです。台詞センスも詩的で、決まっています。ヒロイン役の種﨑敦美さんは『とな怪』の印象が強いんですが、こんな役をされるんですね。すごいです。

 

『新編集版 サイコパス』

 これ一時間で1クールってことは結局ノーカットってことですよね。というか一時間半枠取れるのなら、なぜ『刀語』の時にもう一本やらなかった……まあとにかくこれはけっこう良いアイデアだと思いますね。この作品はある程度一気観したほうがたぶん面白いです。また1話は放送当時も印象が薄かったんですが、改めて観ると作品全体から見ても1話が一番微妙ですね。アバンはすごくいいのですが。新編集版の後半、TVシリーズでいう2話になるともう結構面白いんですよね。ですから1話で一気に2話までいくのは画期的です。新規カットは前半と後半の間に狡噛の独白かな? 最終話までを俯瞰して新シーンを入れている感じでしょうか。

 

『ペルソナ4ザ・ゴールデン』

 安定&納得の面白さ。鳴上くんが全編ドヤ顔(笑)。『P4』とかぶるところは上手いこと端折ってるので、観ていて全然退屈しないですね。なんといってもマリーがかわいすぎる。あのファッションも趣味ですが、花澤さんの演技もとてもいいと思います。全体的にちょっとキャラデザ変わった気がします。演出も相変わらずスタイリッシュでカッコいいです。

 

『黒執事 Book of Circus』

 『黒執事Ⅱ』の放送からもう四年経つんですね。早いものです。1話観た感じでは2期最終回の結末は反映されないのかな。でも2期も1話で色々やってたからなあ。今では宣伝詐欺といえば『まどか☆マギカ』ですが、それ以前に『黒執事』もやってたんですよ。まあその前に『喰霊』がやりましたが。

 3期で演出が少し変わりましたね。飾り文字の演出とかが増えてます。ヴィクトリア朝時代の演出として綺麗ではありますね。内容は『黒執事』の単発エピソードの典型というか様式美と言える話でしょうが、『黒執事』は正直屋敷内のギャグパートがあんまり面白くないのでどうしてもそこは微妙です。だがらギャグだけで1話終わったらつらいなと思ってましたが、ちゃんとシリアスパートはありましたね。この展開は1期でほぼ同じのがあった気がします。その時は2話か3話だったのですが、今回これを1話でやることで初めて観る人にも手軽に世界観をわかってもらえたんじゃないでしょうか。器用にまとめた1話だったと思います。3期もメインっぽいサーカス団のキャラも最後にチラッと出ていて期待を煽ります。枢先生は穏当にキャラデザが魅力的です。あとOPにシドが復活してましたね。

 

 

『六畳一間の侵略者!?』

 アパートで地縛霊? え、龍ヶ嬢七(以下略)、ってなりましたが、別にそうでもなかったですね。前半の伏線張ってる段階はいいのですが、1話のオチが見えてからがつらいですね。六畳一間に大勢押し掛けるという発想は面白いんですが。三人目ぐらいから明らかにだれてしまってます。あとは学校パートとアパートパート(言いにくいな)が完全に分離しているので、あの思わせぶりな描写していた部長とかをどう絡ませるのかは気になります。

 

『東京ESP』

 これはずるいよなぁ。神楽と黄泉に四課とか出しちゃうの反則だよお。泣いちゃうじゃないか。「喰霊かと思ったら喰霊だった」ってコメントを見ましたがその通り(そんなことはない)。黄泉が神楽にポッキー渡してるところは涙腺崩壊待ったなしだし、四課が『Dark Side of the Light』と共に登場は「おおおっ!!」となりました。ただまあ同じ作者でも別作品の、しかも制作会社も違うものを使っていいのかとは思いました。人によってあまりに感想がばらけるというか。

 全体的に『喰霊 零』をかなり意識してる気がします。一話でかなり大がかりなことをやって、視聴者を掴みにくるところとか、いきなりバサバサ人が死んでくところとか。というかスカウターつけてるおっさんまた死んでるのね。敵キャラのノリは『喰霊 零』というより瀬川はじめ自身のノリ準拠っぽいですね。なんか両儀式みたいなキャラいませんでしたか。キャラが大勢で、話も唐突で追うのが大変ですが、バトルものとしてのワクワク感は文句なしでしょう。

 

『精霊使いの剣舞』

 いやこういうアニメ中高ではよく観たけどさ。諸々の要素に見覚えがありすぎます。アバンでバトルがあったので、小さなバトルをして1話まとめる路線かなと思ったら、まさかのハーレム展開だけで終わるとは。学校入るまでちょっと設定凝ってみた『IS』って感じでしょうか。ヒロインの裸描写は何も言わないよ、だから頼むからラッキースケベの過程ぐらい描いてくれ。流石にAパートいきなり肌色はないと思う……あと「奴隷」発言するの二人いるのはどうなのとか、台詞だけでキャラ造形するのはいかがなものかとか気になるところは大量にありますが、ここでは割愛。

 キャストは結構若手を使っていく路線で、こういう系統はいつも1作品ぐらいはあるみたいです。そういえばOPのコンテを垣野内成美が切ってましたね。少し幻想的だったかな? 流石に色眼鏡入りすぎか。